高橋ヒロシ先生や深水元基さんなど有名人にも愛用されるシルバーアクセサリーブランド!〜カフスボタンとタイバーでスーツ姿も個性的に〜

カフスボタンの歴史

カフスボタンの歴史

「カフスボタン」とは日本でのみ通用する外来語で、海外では「カフリンクス(Cufflinks)」と呼ばれているのです。

カフスボタンの歴史は古く、17世紀のフランス社交界までさかのぼります。社交界の人々がシンプルな袖口にもおしゃれを施そうと考え、ボタンを鎖でつないで装飾したことがカフスボタンの始まりです。歴史とともに発展したカフスボタンは、正装やタキシードの着用時に欠かせないアイテムとなりました。

その後、19世紀に入ると一般市民にも普及し、現在では紳士のおしゃれのマストアイテムとして、国内外の様々なブランドから発売されているのです。

カフスボタンとタイバーで個性を演出

スーツで個性を演出するなら、自分好みのカフスボタンとタイバーを取り入れてみましょう。

タイバーはネクタイピンとも呼ばれ、ネクタイをシャツに固定するために使います。ジャケットありの場合は、ジャケットの第1ボタンの少し上につけ、さりげなくアピールさせましょう。ワイシャツのみの場合は、ネクタイが作業の邪魔にならないように第4ボタンと第5ボタンの間につけ、しっかり固定してください。

また、フォーマルなシーンでのスーツには、カフスボタンも欠かせません。いつものスーツの袖口からカフスボタンをのぞかせるだけで、一味違ったドレッシーな着こなしができます。タイバーもカフスボタンも豊富なデザインが販売されているため、個性に合ったデザインを選択しましょう。

「クローズ」作者の高橋ヒロシ先生など有名人にも愛用されるシルバーアクセサリーブランド

「クローズ」作者の高橋ヒロシ先生など有名人にも愛用されるシルバーアクセサリーブランド

【鬼阿弥】は、有名人にも愛用されるシルバーアクセサリーブランドです。漫画「クローズ」の作者である高橋ヒロシ先生や、俳優の深水元基さんなど、様々な有名人にご利用いただいています。

【鬼阿弥】のリングやネックレスといったシルバーアクセサリーは、定番ながら個性的なデザインが魅力です。サイズも豊富に取り揃えているため、どなたでもお買い求めいただけます。その他、カフスボタンやタイバーも取り扱っているため、スーツでおしゃれを楽しみたい方も、ぜひご利用ください。スカルモチーフのカフスボタンやタイバーは、いつもとは違ったおしゃれな着こなしになること間違いなしです。

シルバーアクセサリーの購入を検討中の方は、有名人にも愛用されるブランド【鬼阿弥】でお買い求めください。

ハイクオリティなシルバーアクセサリーをお探しなら【鬼阿弥】の通販へ!

有名人も愛用するシルバーアクセサリーをお求めなら【鬼阿弥】へ

ショップ名 鬼阿弥
販売業者 株式会社MJF
運営統括責任者名 浅香 雅秀
住所 〒110-0016 東京都台東区台東3丁目16−7 篠崎ビル101
電話番号 03-6672-1521
メールアドレス oniami.com@gmail.com
ホームページアドレス http://oniami.shop-pro.jp/